学級委員

塾の家庭教師です。

先日、統一地方選挙が全国で行われました。地域によってバラつきはありますが、投票率が50%を下回ったところが多かったようです。投票率が50%を下回るとはどういうことでしょうか。『1クラス40人の組が2時間目の授業で学級委員を決める』ことに例えると、2時間目に20人以上が教室にいなくて、残りの十数名で学級委員を選んだということになります。クラスを代表する学級委員がこんな感じで選ばれたら、みなさんはどう感じるでしょうか。これとほぼ同じ現象が日本各地で実際に起こってしまったことになります。これは日本国民として恥ずべきことだと思います。選挙権があるならよほど特別な事情がない限りは選挙には行くべきです。無関心は格好よいことでも何でもありません。選挙は自分の意思を表明する貴重な行動です。

今日はここまでにしたいと思います。

塾の家庭教師自宅で塾の授業が受けられる。格安の動画配信通信教育

バナー