外国船打払令

外国船打払令は、江戸幕府により1825年に発令された。

日本の沿岸に接近する外国船は見つけ次第に砲撃し追い返す。また上陸外国人については逮捕を命ずる内容であった。

しかしアヘン戦争で、清が敗れたことを聞くと、1842年に幕府は外国船打払令を廃止した。

幕府は西洋の軍事力の強大さを認識したのである。

バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です